賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

二人暮らしに最適な賃貸の間取り

賃貸に住むメリット、デメリット
二人で賃貸に住むなら、間取りは1LDK、2DK、2LDK、3DKあたりがよろしいかと思います。広くなればなるほど家賃は高くなりますので、同じ広さでライフスタイルに合った間取りを選ぶことが大切だと思います。たとえば女性が友達同士で暮らすなら、1LDKよりも2DKがよろしいでしょう。女性は男性に比べると何かと荷物も多いので、共有スペースが多ければ喧嘩の原因にもなってしまいます。それぞれの部屋はしっかり確保しつつ、コミュニケーションを取れる場所もあるのが理想です。

一方でアツアツの男女なら一緒に過ごせるスペースを確保できる1LDKが良いと思います。それぞれの部屋を持つと、喧嘩をした時にそれぞれの部屋に引きこもってしまい、なかなか仲直りのきっかけが作りにくくなってしまいます。喧嘩は誰にでもありますが、二人で暮らすならそれを長引かせないことが重要です。それさえクリアすれば、賃貸にかかる家賃や共益費、光熱費に初期費用まですべて折半できてメリットも多いです。

お役立ち情報